犬より簡単!失敗しないトイレのしつけ方を徹底解説

猫を飼った経験がない方にとって、トイレのしつけが上手くできるかどうかは特に不安に感じることだと思います。
しかし、猫のトイレのしつけは犬よりもずっと簡単です。
猫は砂の上で排泄をする習性があるので、環境さえ整えてあげればすぐに覚えてくれます。
トイレと猫砂の種類・設置場所・しつけ方について解説します。

・トイレの種類
猫用トイレはオープンタイプ・ハーフカバータイプ・ドームタイプ・上から出入りするタイプ・自動タイプがあります。

オープンタイプ…底が広くて浅い箱型のトイレ。掃除がしやすく様々な素材の猫砂を使えるが、トイレ自体が軽いとひっくり返してしまうことがある。
ハーフカバータイプ…縁にカバーが付いているトイレ。猫砂が飛び散りにくいが、カバーが取り外せない場合は少し掃除がしづらい。
ドームタイプ…屋根付きのトイレ。ニオイを軽減できるが、パーツが多いので掃除の手間がかかる。
上から出入りするタイプ…上部に穴が開いた縦型のトイレ。猫砂の飛び散りとニオイの広がりを防げるが、足腰の弱い猫には不向き。
自動タイプ…センサーが作動して自動的に掃除をしてくれるトイレ。常に清潔な状態を保てるが、コンセントが必須なので設置場所が限られ高価。

掃除のしやすさやスペースの確保等、飼い主の都合で選んでも構いませんが、なるべく猫の好みを取り入れてあげてください。いくら飼い主がいいと思っていても、猫が使ってくれなければ意味がありません。狭いと排泄がしづらいので、猫の体長よりも1.5倍の大きさがあるトイレを選びましょう。最もオススメなのは汎用性が高いドームタイプです。屋根が取り外せる場合はドームタイプを嫌がる猫にも対応できます。

・猫砂の種類
猫砂は鉱物系・紙系・木材系・おから系・シリカゲル系・炭系があります。

鉱物系…本物の砂に近いので好む猫が多いが、粉塵が舞いやすく可燃ゴミに出せない。
紙系…粒が大きいので飛び散りにくいが、固まり方が弱く崩れやすい。
木材系…消臭効果が高く可燃ゴミに出せるが、尿の色が分かりにくい。
おから系…猫が食べても安全でトイレに流せるものもあるが、カビが生えやすく固まりにくい。
シリカゲル系…軽くて長期間取り替えなくてもよいが、自治体によって処分の仕方が異なることがある。
炭系…脱臭力に優れているが、かなり飛び散る。

猫砂を選ぶ際も猫の好みを優先してあげてください。好みが分からない場合は最も無難な鉱物系を使うか、違う素材の猫砂を入れたトイレを2つ以上用意して猫に選ばせるとよいでしょう。

・設置場所
静かで風通しがよく、食事場所から離れた所に設置しましょう。人の出入りが多かったり大きな音がする場所では落ち着いて排泄ができず、トイレを使わなくなってしまうことがあります。あまり気にしない猫もいますが、食事場所とトイレが近いと、食事中にトイレのニオイがするのを嫌がるので極力離してください。スペースに余裕があれば、人間用の洗面所やトイレの中に設置するのがオススメです。

・トイレサインを見逃さない
寝起きや食後に前足で床を引っかくような仕草をしたり、うろうろと歩き回っていたらトイレサインです。そっと抱き上げてトイレへ連れて行き、場所を覚えさせましょう。

・トイレにニオイを付ける
可能であれば、猫の入手先で今まで使っていた猫砂をもらい、トイレに混ぜましょう。自分のニオイが付いていると安心するので、新しいトイレでもすんなり使ってくれます。

・トイレはいつも綺麗に
猫は綺麗好きなので、トイレが汚れていると粗相をしやすくなります。トイレに行ったことに気付いたら、できるだけ早く掃除を済ませましょう。

生理現象だから仕方ない?猫が吐く理由と危険な嘔吐の見分け方

猫は他の動物に比べてよく吐きます。
まだ猫を飼い慣れていない方は驚いたり心配すると思いますが、猫にとって嘔吐は生理現象の一種です。
だからといって、必ずしも大丈夫というわけではなく、吐く頻度や嘔吐物の内容によっては病気が原因のこともあります。
猫が吐く理由と危険な嘔吐の見分け方について解説します。

生理現象による嘔吐
・毛玉が溜まっている
毛づくろいの際に飲み込んだ毛が胃の中に溜まって毛玉になり、便として排出できなかった分を吐きます。長毛種の猫ほど吐きやすいです。猫草を与えている場合は毛玉と猫草を一緒に吐くこともあります。

・早食いや食べ過ぎ
食後すぐに未消化のフードを吐く場合は早食いや食べ過ぎが原因です。急に大量のフードが入ることで胃が驚き、拒否反応を示して吐いてしまいます。

・空腹
食事と食事の間隔が長すぎると、胃が空っぽになって逆流してきた胃液や胆汁を吐くことがあります。嘔吐物が無色透明で卵白に似た液体なら胃液、黄色っぽい液体なら胆汁です。

・フードが合わない
フードの素材や添加物が猫の体質に合わなくて吐くことがあります。

・誤飲
おもちゃ等を誤飲すると、吐いて異物を除去しようとします。きちんと吐き出せば問題ありませんが、ぐったりしていたり食欲がない場合は体内に異物が残っているかもしれないので、病院で診察を受けた方がよいでしょう。

・ストレス
猫は環境の変化に弱いので、引っ越しや模様替えをしたり新しい猫を迎えた後に吐くようになったら、ストレスが原因の可能性が高いです。

生理現象による嘔吐の場合、吐いた後も元気でケロッとしていて食欲があれば心配は不要です。また、吐く頻度が週1回程度なら猫の体にあまり負担はかからないので、様子見で構いません。吐くことを無理に止めさせると、かえって体調を崩してしまうことがあります。そのため、明らかに病気でないと判断できる場合は猫の気が済むまで吐かせてあげましょう。

危険な嘔吐
・何度も吐く
短時間に何度も吐いたり何日も続く場合は胃腸炎や膵炎が疑われます。嘔吐を繰り返すと脱水症状を起こすことがあるので危険です。誤飲や毒物による中毒や食物アレルギーの可能性も考えられます。

・吐こうとしても吐けない
誤飲した異物が詰まっていたり、喉に異常を感じている可能性があります。毛玉を吐くのが苦手な猫の場合は毛球症も考えられます。

・嘔吐物に血が混じっている
消化器系の病気やウイルス性の感染症が疑われます。誤飲の際に異物が口や喉を傷付けて出血することもあります。食道からの出血は鮮やかな赤色、胃腸や腫瘍からの出血は黒っぽい色やこげ茶色をしています。

・嘔吐物の中に寄生虫がいる
小腸に寄生した虫が嘔吐物に混じって出てくることがあります。寄生虫を放置すると腹痛・下痢・血便といった症状が出ます。

・嘔吐物から異臭がする
便のようなニオイがしたら腸閉塞の可能性があります。消化管から出血している場合は血生臭いニオイ、何らかの薬品を誤飲した場合は薬っぽいニオイがします。

人間の食べ物はNG?猫が食べていいものと悪いもの

猫は飼い主が美味しそうに食事をしている姿を見て好奇心を持ったり、肉や魚のニオイに反応して人間の食べ物を欲しがることがあります。
かわいい愛猫におねだりされたら、ダメだと分かっていてもついお裾分けしてあげたくなりますよね。
しかし、少しくらいなら大丈夫と思って頻繁に食べさせていると、猫の体に負担がかかりすぎて病気になってしまうので注意しなければなりません。
猫が食べていいものと悪いものについて解説します。

食べていいもの
・加熱した肉
猫は肉食動物なので、肉を食べても問題ありません。生肉は寄生虫がいる確率が高いため、必ず加熱して与えましょう。鶏肉や鶏ささみは良質なタンパク質が豊富に含まれており、豚肉や牛肉よりもヘルシーです。レバーも少量であれば与えてOKです。

・焼き魚
骨をしっかり取ってから与えましょう。塩やタレで味付けされた魚は避けてください。干物は茹でて塩抜きをすれば食べられます。サバ・イワシ・サンマ等の青魚はイエローファット(黄色脂肪症)の原因となるため、与え過ぎには注意しましょう。

・卵
卵黄だけなら生で与えてもよいですが、白身は必ず加熱して与えましょう。卵は加熱するとボソボソして喉に詰まりやすすいため、細かく切るか砕いてください。

・味付けされていない海苔
喉に張り付きやすいので、小さくちぎって与えましょう。刻み海苔をいつものごはんにトッピングしてあげるのもオススメです。

・一部の野菜と果物
野菜と果物は猫にとって本来不要なものですが、腸内環境の改善や水分補給に効果的です。レタス・きゅうり・トマト・大根は生で与えることができます。じゃがいも・さつまいも・かぼちゃ・ブロッコリー・キャベツ・豆類は柔らかく茹でてから与えましょう。与えてもよい果物はりんご・梨・バナナ・メロン・スイカ・桃です。

食べてはいけないもの
・ネギ類
長ネギ・タマネギ・ニラ・ワケギ・らっきょう・にんにく等に含まれるアリルプロピルジスルフィドが赤血球を破壊して溶血性貧血を引き起こします。加熱しても毒性が残るので、ネギ類を使った料理をつまみ食いや盗み食いされないように注意しましょう。

・チョコレートやココア
チョコレートやココアに含まれるカカオ成分のテオブロミンは中枢神経を刺激して中毒を引き起こします。カカオ含有量が多いビターチョコレートは特に注意が必要です。

・ぶどうやマスカット
原因ははっきりしていませんが、猫がぶどうやマスカットを食べると中毒により急性腎不全を引き起こす可能性があることが分かっています。ぶどうを乾燥させたレーズンも食べさせない方がよいでしょう。

・アボカド
アボカドに含まれるペルシンは人間には無害ですが、猫が摂取すると中毒を引き起こします。猫に限らず、多くの動物にとって有害な食べ物です。

・生のイカとタコとエビ
ビタミンB1を破壊するチアミナーゼが含まれており、急性ビタミンB1欠乏症を引き起こします。

・肉や魚の骨
喉や消化器官に刺さったり、口内や内臓を傷付けてしまいます。

完全室内飼いでも必要!猫の去勢と避妊に関する知識

猫は生後半年ほどで不妊手術を受けられるようになります。
健康な体にメスを入れるなんてかわいそうと思う方もいらっしゃるでしょうが、繁殖を考えていないのであれば、完全室内飼いでも不妊手術は受けさせるべきです。
不妊手術は決してかわいそうなことではなく、猫にとっても飼い主にとってもメリットがあります。
猫の去勢と避妊について詳しく解説しますので、手術に踏み切れずに迷っている飼い主さんはぜひご検討ください。

不妊手術の方法と時期
オスは精巣、メスは子宮と卵巣もしくは卵巣のみを摘出します。手術の時期はオスもメスも初めての発情を迎える前がベストです。だいたい生後半年~1年の間と覚えておくとよいでしょう。生後半年未満でも体重が2㎏を超えていれば手術を受けられます。不妊手術に年齢制限はありませんが、高齢になればなるほど体への負担が大きくなるので、なるべく若いうちに済ませておきましょう。

不妊手術のメリット
・オスの場合
自分の縄張りを主張するためにあちこちに尿をかけるスプレー行為を止めさせることができます。ただし、猫によっては去勢後も続ける子がいるので注意が必要です。攻撃性が減ってケンカをあまりしなくなり、メスを求めて脱走や放浪をすることもありません。精巣ガン・前立腺ガン・肛門周辺の腫瘍の発症リスクがかなり抑えられます。

・メスの場合
望まない妊娠を防ぐことができます。猫は繁殖能力が高いため、避妊せずにどんどん妊娠・出産させていたら多頭飼育崩壊になりかねません。子宮と卵巣の病気だけでなく、乳ガンの予防にもなります。

・その他
どちらにも共通しているメリットとして、無駄鳴きや夜鳴きをしなくなるということが挙げられます。発情期の猫はとても甲高い声で四六時中鳴くので、近所迷惑になる恐れがあるからです。また、性的な欲求不満によるストレスが軽減されることで精神が安定し、長生きしやすくなります。

不妊手術のデメリット
生殖能力を失うので、子供を作ったり産んだりは当然できなくなります。因果関係や理由についてははっきりと解明されていませんが、オスもメスも不妊手術後は食欲が増して運動量が減り太りやすくなる傾向があります。手術は100%安全とは限らないので、全身麻酔や手術自体にリスクが全くないとは言い切れません。

不妊手術にかかる費用
病院や地域によって差はありますが、去勢は10,000円~20,000円、避妊は20,000円~30,000円が一般的な相場です。避妊の方が手術の手間や時間がかかるため、去勢よりも高く設定されています。自治体によっては費用の一部を助成金で負担することが可能です。野良猫や地域猫のみを対象としている場合もあるので、必ず確認するようにしましょう。

術後のケア
傷口が炎症を起こすといけないので、舐めたり糸を抜いたりしていないか時々チェックしてください。術後は猫も疲れているので、あまり興奮させ過ぎないように注意して、ゆったりと過ごさせてあげましょう。

1 2 3 4 5